ぴえろのサーカス

気が向いたら書きます

デッキレシピ保存 サナゾロ

f:id:ninnzin83:20170916230608j:plain
ポケモン 18
サナGX3
エルレイド1
キルリア3
ラルトス4
ゾロアークGX2
ゾロア2
カプ・テテフGX2
アロコン1

グッズ 16
ハイボ4
サーチャー4
こだマキ2
アメ3
タンカ2
ブロアー1

サポート 11
プラタ4
N3
オカマ1
アズサ1
アセロラ1
フラダリ1

スタジアム 3
ラボ3

エネ 12
ワンダー1
基本妖7
ニコタマ4

CL2018横浜のお話

CL2018横浜に参加してきました。結果は4勝3敗で7戦目でドロップでした。前シーズンから大会に何度も出てるのに5勝という壁が未だに一度も越えられていません。今回の戦績を書き残すと共に次回に繋げていけたらなと思います。

使用デッキ : ポータウン入りボルケガメスホウオウ
採用理由
環境にサーナイトGXをはじめとする進化主体のデッキが数多く存在することからポータウンが刺さるのではないか、今回から一本先取のためたねを主体にした安定性のあるデッキを使いたいと思い、このデッキを選びました。決して俺がボルケ以外使えない単細胞だからというわけではありません。

一戦目 : アローゲッコウガ
お相手のマリガンで青いカエルが見えて早速絶望…と思いきや相手がすごい事故を起こしケロマツ2体を倒してたね切れ勝利。試合後ハンドを見せてもらったらアロー×3、こだマキ×2、改ハン、ゲッコウガの6枚。6枚中4枚が腐り札となっていて本当に運が良かった。

二戦目 : ゾロアークルガルガン
ご自慢のポータウンが刺さるわ刺さるわ。山掘りもいいペースで行えて押しきれるだろう…と思いきやスチームアップ用に不可欠だった大ボルを全て切ってしまう致命的なプレミ。しかも山半分くらい削ってもウソッキーが見えてこない。なんとかグズマの入れ換えや鍛冶屋、アセロラで誤魔化しつつ終盤の隙を見てニトロタンクで盤面を完全に整え押しきることができた。

三戦目 : ダークライゾロアーク ×
ここでもポータウンが刺さった…が、相手に初手ウソッキーを出されこちらもゾロアークを見て後一ウソッキーを出したためベンチがめちゃせまで苦しい状況に。その上スチームアップ用に大ボル1を欠かさず置いてなきゃいけないのにここでもボルケが山から一向に出てこない。押されぎみの展開が続き、エネさえ引ければ前倒して崩せる…と思った場面でエネが引けず、しかもお相手はこだマキ引ければほぼ勝てるって場面で見事に引っ張ってくるし完敗。とりひきって強い。

四戦目 : あたりちらすギャラドス ×
お相手がヤレユスタートしこちらはカメスタート。なにデッキかわからずとりあえずお相手にターン渡すとコンプでコイキングをトラッシュし始め一気に血の気が引く。ホウオウを大急ぎで用意するも的確にブロアーでまわし叩き落とされてアオギリギャラドスからの200点を叩き込まれる。カリンを打ったにも関わらずラス1コンプでコイキングトラッシュされるし、ベンチにコイキング並べてパラレル貼るなどあらゆる手段でコイキングをトラッシュされなす統べなく倒されてしまった。事故だと思いたい。

五戦目 : コケコグソクムシャゾロアーク
コケコの回転飛行の強さを知らされた試合。これによって入れられた二点四点が後々かなり響いてくる。かなり早い段階でウソッキーを置けたためゾロアークの打点は抑えながら戦うことができた。とはいえゾロアークGXのHPは高く倒すのに一苦労し、山掘られるし中打点を刻んでくるしでやはり強い。その上小さいゾロアークを完全に失念しておりベンチを並べすぎた結果マインドジャックで1-2交換を取られてしまう。また、テテフのエナドラがこちらのホウオウに致命傷を与えるなどでだいぶ危なっかしい展開に。最後の最後相手がこだマキを引いたら勝ちという場面で引けなかったため返しでサイドを取りきり勝利。お相手の引きに助けられた試合だった。

六戦目:サーナイトGX ○
一番厚く見ていたサーナイトに六戦目にしてようやく当たる。初手ドロサポがないもののテテフ握っててまあ大丈夫だろwと思ってたら先1ラボ貼られてこれまた大焦り。その後すぐにポータウン引いて張り替えワンダータッチから展開でき事なきを得る。お相手のスタジアムをことごとくポータウンで張り替えをし相手のサナにダメカンがあちこち乗り始め、理想の展開に。この試合は引きの神に愛されていたと言っても過言ではないほど引き強だった。引きたい札を的確に引っ張ってこられてスチームアップ紅蓮の炎を確実に決めて押しきる事ができた。

七戦目 : サナオクタン ×
一番の仮想敵と二回目のマッチング。しかしながら、思うようにポータウンを引いてこれないままお相手のサナがどんどん立っていき思ったようにワンパンを仕掛けられない。また、途中で行き急ぎ過ぎてしまいお相手のサナを少し無理して倒すと返しのNでハンド3枚にされ完全に止まってしまう。思えばここが最大の分かれ道だった。そこからは完全に相手のペースになってしまい無惨にやられてしまう。ここで3敗がつきドロップ。悔しかった。

総括
大きなプレミをしたり、相手の引きに助けられた試合が数多くあり即ドロップしてもおかしくなかったのにここまで残れたのは大分運が良かった方だと思います。
デッキ分布はサナが多いと思いサナに厚めのデッキを組んだつもりが蓋を開けたら上位はゾロルガまみれでした。しかしながらどちらにせよ進化デッキが多く、スタジアムにポータウンを入れたこと自体は間違っていなかったのではと思います。(ボルケが環境に適してるかは怪しい。)
次の大会は11月頃になりますがその頃にはまた環境も大きく変わっている事でしょうし、次こそは自分の中の目標である5勝以上を達成できるように精進していきたいと思います。

愛知遠征のお話

5/5に大会、チャンピオンズリーグ愛知に参加してきました。結果は2勝2敗で4戦目にてドロップ。非常に悔しい結果でした。反省程度に対戦履歴を書き記して行きます。

使用デッキ:ボルケニオン&バクガメス

1戦目
ライボコケコダスト
×○○ 勝ち
1マッチめはかなりのハイペースでサイドを取っていき、順調であったが残りサイド2枚の所でNを打たれて完全に止まる。鍛冶屋を打ち過ぎたせいで山の圧縮が進んでなかったことが悪かった。そのまままくられて1マッチめは負け。
2マッチめはかなり早い段階で盤面を整えられて前後ろにエネがしっかりついた状態に。また、ブロアーを的確に握ることもでき、ダストオキシンを解除して押しきれた。
3マッチめの時点で残り10分程度しか残っておらず引き分けを覚悟したがお相手事故によりヤブクロン棒立ちのまま。スチームアップパワーヒーターで焼き払えて勝てた。

2戦目
Mゲロゲジジケンタダスト
○○ 勝ち
1マッチめお相手の立ち上がりが遅い間に鍛冶屋スチーム紅蓮の炎でEX3体焼き払って勝利。ケンタロス壁にしてきた時に小ボルのばくねつほうで対応したりとなかなか良い動きは出来た。反省点としてこの試合でも鍛冶屋を打つことに気を取られ山の圧縮を怠ったこと、ゲロゲが見えていたのにグッズを使えるときに使っていなかったことは良くなかった。
2マッチめ序盤事故でゆったりしたスタートをし、しかも途中でダストオキシンが発生しながら前でブルパンされて非常に厳しい展開を強いられたもののヒーターで後ろをゆったり育てて押しきれた。
反省点としては終盤で、後ろにゴミなだれのダストが控えているのにプラターヌでグッズを大量に切ってしまったのは良くなかった。

3戦目
白レック
×○× 負け
1マッチめにメガレックウザを倒せるか倒せないかの盤面でハイパーボールで間違えてエネを切ってしまい、スチームアップ紅蓮の炎で相手のメガレックを倒しきれない痛恨のプレミ。返しのエメラルドブレイクでバクガメスを落とされ完全にテンポロスしそのまま押しきられる。
2マッチめお相手がサイドにメガレックを数体落としており、展開も思うようにできなかったらしくこちらがその隙に後ろを育てていきペースを奪ったまま押しきれた。
3マッチめはきちんとブロアーを握ってスカイフィールドを破壊していけたもののそれでも全ポケモンがワンパン、ツーパン圏内で辛い状態が続く。こちらジリ貧になり後ろが全く育たず前に鍛冶屋を打ち続けるシーンが続く。終盤でNも打てずギリギリで敗れる。
対戦後、お相手からのアセロラループの可能性があり得るのでブロアーを打つときにはリンクも破壊するべきだったというアドバイスを頂く。感謝。

4戦目
白レック
×× 負け
まさかの2連白レックを踏み絶望。
お相手かなり上手でどのマッチでも1ターンでエメラルドブレイク最大打点の盤面を整えられる。
成すすべもなく一方的に轢き殺されここでドロップ。

総括
2回目の大きい大会で、2連勝といい滑り出ししたもののそこから2連敗という不甲斐ない結果でした。白レックは以前ほど見なくなったもののそれでも一定数はいるデッキなので対策を怠ったのが悪かったかと思います。オカマを打つなりウソッキーを1枚差すなりしておけばよかったと反省。
次回は千葉に参加予定なのでそれまでにもっと練習を積みたいです。
余談としてドロップ後にワンデイバトルや、ペアバトルをOBの先輩と参加しポイントを稼ぎつつもアマージョGXが品切れにより1枚しか手に入れられず24ポイントが水泡と帰しました。南無三。アマージョ好きなので組みたかったなあ。

最後に名古屋で会った人たちや、対戦した方々ありがとうございました!